ピコレーザーができるおすすめクリニック!シミなどお肌の悩みを改善!?

シミや若気の至りで入れてしまった恥ずかしいタトゥーを取り除く施術といえばレーザー治療が有名です。

しかし熱を伴うので肌にダメージがあったり、特定の色にしか効果が無かったりと色々と問題がありました。

その問題点を解消し、さらに除去効果を高めたと話題になっているのが最新のレーザー治療機「ピコレーザー」です。

痛みが無く、短期間で様々な色が除去できるとされていますが、実際のところどうなんでしょうか?ピコレーザーの実態に迫っていきましょう。

ピコレーザーとは?

ピコレーザーとは?

ピコレーザーは従来のQスイッチレーザーで問題だったシミ除去力の低さと、施術期間の長さを解決するために開発されました。

その結果、除去力以外にも様々なメリットを持つ素晴らしい機器が完成しました。

注目すべき、その特徴について迫っていきましょう。

ピコ秒という超短時間照射で肌に負担をかけない

ピコレーザーの照射時間はQスイッチレーザーの1000分の1しかない「1ピコ秒」です。

なんと1兆分の1秒という人間には感じ取れないほど微小な時間間隔で光を照射するので、肌や体内の組織に熱がこもりダメージを与える心配がありません。

また、肌に沈着した色素を解消する方法もQスイッチレーザーとは根本的に違います。

Qスイッチレーザーが熱で色素を熱的変化させるのに対して、ピコレーザーはレーザーの衝撃波を色素にぶつけて細かく粉砕します。

そのため、熱の影響が周囲に及ぶ心配がほとんどありません。

Qスイッチレーザーで問題だった施術後の炎症後色素沈着が起きにくいのも大きなメリットです。

メラニン色素を解消するのに利用した熱の影響で周囲の細胞がダメージを受け、そのストレスのために色素沈着が起きるのが炎症後色素沈着です。

せっかくの施術が無意味になるため悩みの種でしたが、ピコレーザーの登場でその問題も目立たないものになりました。

ピンポイントで患部を狙い撃ちできるから体への負担が軽い

ピコレーザーは細胞組織に与える熱的ダメージが少なくて済みます。
体へのダメージが少ない理由は極短時間しかレーザーを照射しないため。

技術革新により、それまでは難しかったピコ秒のレーザーが実現したので、レーザーの熱が他の細胞に伝わることが減りました。

また、ピコレーザーの衝撃波を使った色素沈着処理は従来のやり方より短時間で施術が完了する利点があります。

これにより一層、色素とは無関係な肌や体の組織がレーザーの熱にさらされることが減りました。

ダウンタイムが短い

Qスイッチレーザーが採用されていた頃は施術を行うたびに患部の細胞が少なからず炎症を起こすので、長いダウンタイムを設ける必要がありました。

ダウンタイムが長くなると当然、治療期間は長期化します。
なかなか終わらない治療と施術のたびに調子を崩す肌に悩んだ方も大勢いました。

ピコレーザーなら周囲の細胞に与える熱的ダメージを最小限にできますからダウンタイムが従来よりもずっと短くて済みます。

シミを除去する効果も高いので施術回数も半分になり、肌の調子を崩すリスクもほとんどありません。

敏感肌のためにシミ治療をあきらめていた人でも大丈夫です。

幅広い粒子サイズに作用できる

ピコレーザーは様々なサイズの色の粒子を粉砕できます。

これまでは特定のサイズの粒子にしか作用できなかったので効率が悪かったのですが、複数のサイズにアプローチすることで1度の施術でも効果的にシミを解消できるようになっています。

ピコレーザーで期待できる効果

ピコレーザーで期待できる効果

頑固なシミなどの色素沈着を解消できる

メラニン色素に吸収されやすい波長のレーザーを照射できるので、シミや炎症後色素沈着のような症状を効果的に改善できます。

従来のQスイッチレーザーに比べて3倍のシミ除去効果があると言われていますから、Qスイッチレーザーの効果に満足できなかった方も是非、試してみてください。

年齢を感じさせる肌たるみを除去

ピコレーザーが照射するレーザーには肌の真皮層を刺激してコラーゲンやエラスチンの分泌量を増やす効果があります。

コラーゲンやエラスチンは肌のハリと密接な関係のある物質で、これらが不足すると若々しい弾力ある肌が失われてしまいます。

体内のコラーゲン量は食べ物や生活改善ではなかなか増加しにくいですから、ピコレーザーを定期的に肌の気になる部分に照射してもらうのはシミだけでなく、美容にも効果が期待できますよ。

対処が難しい毛穴の開きやニキビ跡を解消する

加齢で肌のボリューム感が失われると毛穴が開き中の汚れが目立って肌がくすんだような印象を与えてしまします。

毛穴の開きを抑えるには肌のハリを維持することが重要です。
肌にハリがあれば毛穴の周囲をギュッと引き締めてくれます。

ピコレーザーなら真皮層のコラーゲンを増やせますから肌にハリを取り戻して毛穴を引き締められます。

またニキビ跡についても真皮層のコラーゲンを増加さえることで解消できると言われています。

ニキビ跡の下にある真皮層をピコレーザーで刺激しコラーゲンを増やすことで皮膚の再生を促します。

刺青を取り除く

これまでのレーザー治療ではサイズが大きな粒子しか壊せなかったために、インクが分解されるまでに時間がかかったり、きれいに消えてくれない点がネックでした。

ピコレーザーは大きな粒子はもちろんのこと、より小さな粒子まで細かく砕くことができるので今までより仕上がりがキレイです。

また各サイズの粒子を1度に破壊できるので治療効率が高く短時間で治療が完了します。

一般的なサイズのタトゥーだと治療期間は2ヵ月程度です。

早めのアンチエイジング対策ができる

ピコレーザーには肌を活性化させる作用を持っています。
適度な刺激を皮膚に与えることで上皮の下の細胞を活性化させるのです。

ピコレーザーを体内の色素に照射する際に少し皮膚を刺激しますが、この刺激によってターンオーバーが活性化され、新しく美しい肌が生み出されやすくなります。

新しい肌が生まれるサイクルが活発になれば、表皮は常に美しく潤いのあるものに変わるでしょう。

40歳を目の前に肌にくすみが感じられるようなら、ピコレーザーで早めの対策が可能です。

ピコレーザーの仕組みについて

ピコレーザーの仕組みについて

ピコレーザーはシミの原因となるメラニンや刺青のインクを振動波をぶつけて小さくすることで治療する手法を採用しています。

この手法のメリットは皮膚や患部周辺の細胞に目立った損傷を負わせずに治療できることです。

これにより今まで難しかったピンポイントのシミ治療などの3つの施術が可能になりました。

3つの施術について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ピコスポット

ピコ秒間隔でレーザーを断続的に照射し、その衝撃波でシミの原因であるメラニン色素を粉々にします。

小さく粉砕されたメラニン色素は老廃物として体内で分解され消えてしまいます。

熱処理しない施術ですから肌が炎症しカサブタを作る心配の無い、体にやさしい施術法です。

照射後は肌が赤く炎症したようになりますが、施術した翌日の夜には元に戻りますから週末に治療を受ければ仕事場の同僚に赤い顔を見せることはありません。

施術中は化粧を落とす必要がありますが、施術が終わったらすぐメイクできますのでマスクは無くてかまいません。

施術後のセルフケアは日焼け止めやコンシーラーで日焼け予防をするだけです。

弱いレーザーでくすみを消していく「ピコトーニング」

Qスイッチレーザーでは難しかった広範囲の軽いくすみを解消するのに利用できる治療です。

広がった軽いくすみを従来の方式で治療すると、照射するレーザーが強すぎて患部に別のシミを作り出してしまう困った副作用がありました。

知らずに施術を続けて大きな白班を作ってしまったケースもあるくらいです。

ピコレーザーは照射するレーザーが弱いですし、熱ではなく衝撃波で色素を破壊しますから、くすみを広範囲に治療しても肌にはわずかなダメージしか与えません。

施術後に白斑や炎症性色素性沈着を起こす可能性は従来に比べ格段に低いです。

ただし施術中は患部がチクチクすることがあります。
しかし、従来方式の痛みに比べれば圧倒的に軽いものですから心配は要りません。

ダウンタイムは最短24時間と短いため短期間でシミ治療したい方に最適な治療法でしょう。

ピコフラクショナル

オプション装備の「マイクロレンズアレイ(MLA)」を装着することでレーザーを真皮層まで飛ばしてコラーゲンの分泌量を増やします。

真皮層でコラーゲンが増えることでダメージを受けた肌が元に戻る力を活性化できます。

ニキビ跡のクレーターや、肌のたるみ、開いた毛穴などを改善する効果があります。

肌への負担が少ないので手軽なアンチエイジングとしても活用できるでしょう。

ピコレーザー治療の詳細

ピコレーザー治療の詳細

メラニン色素が多くなるとシミやあざとなって、皮膚の表面に近いところまで出てきます。

この時にピコレーザーが活躍してくれるのですが、まずは部位の状態をチェックして、照射する範囲や深さ、さらにエネルギーの強さなどを決めていきます。

これが決まったら、いよいよ照射ですが狙った部分だけにピンポイントに照射できるのがピコレーザーの強みです。

メラニン色素を分解して、排出するので、皮膚の中まで残さずに除去できます。

他のレーザーとは異なり、ピンポイントで照射できるので、かさぶたが残りにくいのも魅力です。

薄い表面的なかさぶたで済みますので、跡に残りにくいですしダウンタイムも基本的には不要です。

1日くらいで赤みが引くことが多いので、忙しい方でも不便のない施術です。

照射してからはだんだんとシミやあざが薄くなっていきます。それと同時に健康的な肌に戻ります。

ピコレーザーの種類

ピコレーザーの種類

ピコレーザーは適用できる肌の悩みの範囲が広いのが特徴で、肌のトラブルやアンチエイジングにと力を発揮します。

それが可能になるのが、波長が長く奥まで届くこと、メラニンにきちんと作用する高い働きを与えること、肌の表面を傷めずに済むからです。

まずはシミや肝斑を改善することができます

シミは大きさにかかわらず、薄くしたり気にならない程度まで改善することも珍しくありません。

シミとは原因が違ってやっかいな肝斑にもパワーを発揮してくれます。

さらにくすみ肌を明るい肌に整えたり、炎症で色素だけ残ってしまった場合もおすすめです。例えば虫さされ跡や掻いてしまった跡、ニキビ跡にも有効です。

今までのレーザー治療で効果がなかった方でも、作用する範囲がさらに深くなっていますしパワーも違うので、試して違いを実感できます。

ピコレーザーは熱の照射ではなく、衝撃波でメラニンを分解して排出させます。

そのため、照射の熱によって肌に炎症を起こしたり、新たな炎症で色素沈着が起こる心配がありません。

安心してシミ取りができる上に、肌には負担をかけずに済むのが魅力です。

肌の弾力を復活させる

肌の若さを決めるのがハリですが、年齢やケアによって衰えてくると、たるみが出てきます。

それが進行するとたるんだ肌で毛穴が開きますし、シワに変化してきます。その悩みも改善できるのがピコレーザーです。

照射が肌の深くまで届くので、そこに多く存在しているコラーゲンやエラスチンを刺激します。するとどんどん生成が活発になり、量そのものも増加していきます。

潤いをため込んで、肌を支える役割をするのがコラーゲンやエラスチンです。

ピコレーザーは肌の組織がしぼんでいた状態から、ふっくらと弾力のある状態に復活させる手助けもできます。

肌の質をアップさせて、若々しい潤いと艶のある肌に整えることも可能です。

ピコレーザーの場合は照射の副作用ともいえる、腫れやかさぶた発生が非常に少ないです。

ダウンタイムも不要、もしくはごく短時間で帰宅できます。日常生活の中に負担なく取り入れることができます。日々の美肌のためのケアとして、身近に活用できます。

タトゥーの除去

今あるQスイッチレーザーだと、インクの粒子によって除去できるものとできないものがあります。そのため、中途半端にしか消せませんし、時間もかかります。

ピコレーザーの場合は小さなインク粒子でも破壊できます。また、スピードも早いので、治療期間を短縮できるのもおすすめポイントです。

色も黒以外でも対応できるので、アートメイクやタトゥーで悩んでいる方にも強い味方になります。

ピコレーザーのデメリットはある?

ピコレーザーのデメリットはある?

デメリットは少ないのがピコレーザーの魅力ですが、事前に知っておくべき点や、注意してケアする点もあります。

知っていると自分でもうまく対処できますので、予防したり軽度で済むことも多いです。どんな点を気を付ければいいのか、具体的に見ていきましょう。

施術についての注意点

まずは施術に関してですが、医師のカウンセリングが重要ですので、しっかりと行うクリニックが多いです。

そのため、施術そのものの時間にプラスして、カウンセリングで30分から45分程度は見込んでおく必要があります。

また、ダウンタイムをクリニック内で設けることもあるので、施術後の予定はゆとりを持っておくことが大切です。

施術は多少の痛みを伴います。照射するときにチクチク感じることもあるでしょう。痛みに弱い方は事前に相談しておくと、麻酔をしてくれることもあります。

その場合は体質などをチェックするので、体調を整えておくことは必須です。また、麻酔が切れてからの帰宅になるので、その分の時間も含めて考えておくと安心です。

施術後の注意点

施術後はいつもとは違う症状が出ることもあります。例えば赤く腫れるのは、1日経つと落ち着いてきます。

しかし、稀に水泡ができてしまったり、小さな出血が出ることもあります。だんだんと消えていくことがほとんどですが、気になるようなら早めに医師に診てもらい適切な処置をしてもらうようにします。

照射によって薄いかさぶたができることは多いですが、数日で落ち着くので様子見をしましょう。無理に剥がそうとすると、かえって皮膚を傷めてしまいます。

施術を付けるために必要なことと、禁止事項

ピコレーザーの施術を受ける時に準備しておくことですが、まずは施術日は体調を整え、睡眠なども十分とります。

また、当日は施術が終わって問題がなくても、サウナや浴槽に使ってのお風呂など、高温になるようなことはできません。

また、顔もむやみに触らない方がいいので顔マッサージも厳禁ですし、できるだけ衛生に保つようにします。

メイクは終わってすぐにしてもかまいませんが、もし肌に赤味が出ていたら控えます。メイクができないケースも考えて、身支度をしておくと焦らずに済みます。

ピコレーザーを受けられない方

  • 妊娠中の方やその可能性がある方
  • 過度の日焼けをしたとき
  • 炎症があったりケロイドがある方
  • 皮膚病(アトピーや重症のニキビ)がある方
  • 光線敏感症や光感受性を高める薬や治療行っている方
  • 自己免疫症患やてんかん

受けられない場合も有るので、最初のカウンセリングで詳細に話し合うことが重要です。

よくある質問

よくある質問
Q.照射の痛みはどんな感じですか。
A.まず、クリームタイプの麻酔を塗りますので、それだけで気にならない方もいます。ただ、敏感な方だとパチパチと弾くような感覚があります。

どうしても気になる方は局部麻酔がありますので、事前に相談してください。

Q.1回の照射で消えますか?
A.消す場所の色素の強さや大きさなどによって、さらに皮膚の状態の個人差によって異なります。

参考ですが、お肌のシミや肝斑だと1回から2回程度で消えます。あざやタトゥー、アートメイクだと色素が強いので、6回から10回程度かかってしまいます。

ただ、他のレーザーよりもピコレーザーは、短期間で処置が進むので、負担は軽減されています。

Q.照射を受けた後はどんなことに気を付ければいいですか。
A.皮膚をこすったり、熱を与えるようなことは避けてください。さらに、赤味がでていたり薄いかさぶたができる場合がありますが、多くは1日、または数日で改善してきます。

生活を送るうえでは特に支障はありません。ただ、紫外線はブロックするためにも、季節関係なく日焼け止めは必ず使用して、肌を守ってください。

また、特に問題がなければ、施術後に再診察は不要です。

Q.当日にお風呂は入れますか。
A.シャワーは当日から問題ありません。湯船につかるのは当日は避けるのが無難です。

サウナはさらにもう少し先まで避けて、患部の赤みが無くなって、炎症が完全になくなってからが安心です。

赤みがなくヒリヒリしないなら、湯船につかるお風呂は施術2日後以降なら問題はありません。できるだけ患部は衛生的に保ってください。

Q.施術前よりもシミが濃くなってしまいました。
A.濃く見えるのは色素が濃くなったということではありませんので安心してください。

ピコレーザーでは色素を分解したときに、一時的に色素が濃くなることがあります。

しかし、そのまま色素が定着することはなく、排出されていきますのでだんだんと薄くなります。薄くなる工程の途中ととらえて心配は不要です。

Q.施術後はテープで保護すると聞いたのですが…
A.確かに紫外線予防のためにもテープで保護するほうが望ましいです。しかし、照射が小さなポイントなら、特に必須ではありません。

ある程度の広い範囲なら、テープで保護することは重要です。軟膏とテープで保護しますが、その処置ややり方もお伝えします。

Q.照射したのにシミの部分が広がっているように見えます。
A.ピコレーザーは皮膚表面にくっきりとでてくるシミの他に、その周囲の薄い部分にも反応して除去します。

そのため、シミ予備軍にも効果を発揮しているので、広がったように見えるかもしれません。ただ、これも分解・排出が進んでくると薄くなり、健康的な美肌に整ってきます。